アトピーの「かゆみ」の症状について

アトピーの「かゆみ」の症状について

アトピーの「かゆみ」の症状について
アトピーは誰にでも発症するリスクはあります。子どものうちは消化機能や皮膚がまだ発達していないためアトピーになりやすく、大人の場合は生活習慣や環境が影響していると考えられます。

 

どちらにしても、アトピーは皮膚炎で、炎症が起きている状態です。
この他に主な症状というのが「かゆみ」です。

 

アトピーになると肌が潤いを失って乾燥しやすくなります。粉がふくほど乾燥することも珍しくありません。

 

アトピーでない人でも乾燥肌の人は、かゆくなることがあると思います。それよりも、アトピーはツラいかゆみが出ます。

 

 

また、子どもの場合はまだ皮膚が未発達であることから、バリア機能が大人よりも弱いため、とくに敏感な状態になってかゆみの症状を繰り返すことがあります。

 

そもそもかゆみを起こす原因には、「免疫細胞」も関わっています。

 

仮に食べ物アレルギーで卵がアレルゲンの子どもは、なぜアレルギー反応が起こるかというと、卵を摂ったときに摂取した成分を体に悪いものと勘違いして撃退するために、免疫細胞が生成される仕組みになっています。

 

そして、肥満細胞によってヒスタミンなどが分泌され、粘膜細胞を刺激し、かゆみの症状が出ると考えられます。

 

 

ただ、子どもが成長していくと、腸などが発達することによって症状が回復することもあります。

 

アトピーについても治ることはありますが、再発する可能性もあります。

アトピーに効くサプリメントランキング