アトピーのスキンケア習慣で大切なこと

アトピーのスキンケア習慣で大切なこと

アトピーのスキンケア習慣で大切なこと

アトピーになったとき、肌にさまざまな症状があらわれます。
皮膚炎であるため、炎症がひとつの症状です。その炎症によって傷ついた部分から体液が出て、肌がジュクジュクになることがあります。

 

また、激しく乾燥し、肌がカサカサになり粉がふくほど潤いがなくなり、かゆみが出てきます。
すると、バリア機能が低下することで、余計に肌は過敏になり、症状も悪化する悪循環に入ってしまいます

 

アトピーを治すためには、食事などで身体の中から体質を改善しながら、スキンケアも必要になります。
ただアトピー用の塗り薬を使うだけが、スキンケアとは言えません。

 

まず、清潔な状態を維持するようにしましょう。

アトピーのスキンケア習慣で大切なこと

アトピーの症状は不衛生であるほど悪化しやすくなってしまいます。
たとえば、暑い夏の日に汗をかいて、そのまま放置していると、余計にかゆみが増して赤みや腫れの症状がひどくなることがあります。
汗をかいたら、こまめに汗を拭きとって清潔な状態を維持しましょう。
休日で自宅にいるときや、会社から帰宅したあとは、シャワーを必ず浴びるようにしてください。
このとき、温度は37度から39度くらいのぬるま湯が理想的な温度になっています。
熱すぎると皮膚に余計な刺激を与えるので、皮膚がしみない程度にぬるめのお湯でシャワーを浴びてください。また、ボディソープなどを直に使うと、配合成分が刺激になってしまうので、なるべくやさしく洗い流すようにしてください。

その次に、保湿ケアです。

アトピーのスキンケア習慣で大切なこと

症状がひどいときは病院の処方薬などを用いて、薬を塗りますが、患部にピンポイントで使うようにしてください。その後、保湿します。
保湿ケアを全体的に行うことで、肌のバリア機能を高めていくことができます。

 

アトピー対策、症状の緩和、重症化を防ぐためには、日ごろから清潔かつ保湿された肌を維持するように心がけてください。

アトピーに効くサプリメントランキング