アトピーの特徴について

アトピーの特徴について

アトピーの特徴について

アトピーは正確にいうと、アトピー性皮膚炎と呼ばれる皮膚疾患です。

 

遺伝などによってアレルギー体質の人、皮膚のバリア機能が弱くなったときに皮膚炎を発症してしまいます。

 

遺伝要因としては両親どちらかがアレルギー体質の場合は30%、どちらもがアレルギー体質の場合は50%の確率で子どももアレルギー体質に遺伝します。つまり、高くとも50%の確率であるため、遺伝のみが原因ではありません。

 

本人が突然、アレルギーの症状を発症することもあります。

 

一度アトピーを発症し、長く続くと治りにくくなります。半年以上症状が続いているときに慢性のアトピーとされます。

 

アトピーの人は、肌に症状が出るため、皮膚に特徴があります。

 

 

症状によっても違いはありますが、次のような肌質になります。

  • 皮膚に赤みが出る、斑点が出る
  • 極端に乾燥する
  • ささくれができやすく皮がむけやすい
  • 肌が硬くなる
  • 掻いてしまうと傷口から体液が出てジュクジュクに不安定になる

 

また、アトピーになると、肌のバリア機能が人より弱くなります。
これは肌が乾燥してしまっているからです。

外部刺激に敏感になっている状態であるため、紫外線や化粧品、汗でさえも外部刺激になってしまい、なおさら症状が悪化することがあります。

アトピーに効くサプリメントランキング